小顔になりたいならボトックス注射を受けるべき【病院選びが大切】

筋肉を麻痺させ効果を実感

レディ

しわやエラも簡単に改善

近年美容整形が大変人気になっていますが、その中でも特に人気になっているのがボトックス注射です。このボトックスはボツリヌス菌から神経を麻痺させるたんぱく質を抽出しつくられています。そんなボトックスを筋肉に注射することで、筋肉を麻痺させ動きを抑制することが出来るでしょう。その結果、動かなくなった筋肉は徐々に細く小さくなっていきます。この効果を利用し、筋肉の発達によるエラ張りを改善したり、筋肉の動きにより出来てしまうしわの改善をしたりすることが出来ます。ボツリヌス菌は危険なイメージがありますが、そのまま使用している訳ではなく加工して、人体に使用しても問題の無い量に調整をしています。また、1980年代から医学の分野では本格的に使用されており、眼瞼痙攣や片側顔面痙攣などの治療にも長年使用されてきました。その為、安全性の面ではすでに実証されており、高い成果を収めているものになっています。ボトックス注射を受けることで、張っていたエラを改善し、シャープな輪郭をつくることが出来るでしょう。エラ張りは骨格の問題というイメージがありますが、実は筋肉が発達することによりエラ張りになっている人も多く、その様な筋肉の問題のエラ張りに大変有効です。また、顔の筋肉が動くことによりしわが出来てしまいますが、目尻や額のしわに注入することで筋肉の動きを抑制し、しわを出来にくくすることが出来るでしょう。表情じわを改善することで、見た目も若々しく見せることが出来ますし、自分の顔に自信を持つことは出来ます。副作用が少なく安全性の高い施術になっていますが、まれに副作用が出てしまう場合もあります。では実際にどの様な副作用が出てしまう場合があるのでしょうか。まず、ボトックスの効果が強く出過ぎた場合に起きてしまうのが表情のこわばりです。注射をする際はドクターがその人に合った量調整して注射をしてくれます。しかし、その際効果が強く現れ過ぎてしまうと表情が不自然になってしまう場合があるでしょう。また、額などに注射をした際、注入が多すぎてしまうと瞼が重く目を開けにくくなってしまって眼瞼下垂の様な症状が出てしまう場合があります。ボトックス注射自体は注射器だけで行われる施術であり、非常に短時間で簡単な施術です。腫れや内出血などもメスを使用する施術と比べると大変少なくなっています。しかしボトックスの注入量が合っていなければ副作用が出てしまう場合もあるので注意が必要です。この様な副作用はドクターの腕に掛っている部分でもある為、施術を受けるのであれば安心して受けることが出来る評判の良いドクターを見つけましょう。腕の良いドクターの見分け方としては、カウンセリングを受けた際の印象が大切です。中にはろくにこちらの話を聞かずに説明をすドクターもいますが、安心して施術を受ける為には、こちらの話にしっかり耳を傾けてくれるドクターであるかが重要です。また、実際に施術を受けた人達からの評判はどうなのかもチェックしておきましょう。最近では整形を受けることが出来るクリニックの評判をチェックすることが出来るサイトが大変多くなっています。評判をチェックすることで実際に施術を受けた印象やその結果満足のいくものだったのかなど知ることが出来るので参考にしましょう。

Back to Top